1週間の最適労働時間 50時間 スタンフォード大学 John Pencavel教授 

1週間の最適労働時間 50時間 スタンフォード大学 John Pencavel教授 

週に50時間以上働くと、1時間あたりの生産性が急激に低下する。55時間を超えると、それ以上働いても意味がないほど生産性が低下します。
そして、週70時間まで働く人は、55時間働いた人と同じ量の仕事しかできない。

The Productivity of Working Hours ; John Pencavel

週50時間というと,土日を除くと1日当たり10時間ということです。朝9時より働いて夜7時に仕事を終えて帰るぐらいがちょうどよいということですね。
少ない労力で多くのことを成し遂げるには,集中力の持続が必要でしょうから,1日10時間の集中力もなかなかのものですね。遠隔スキルも身についたのでうまくできるかな。

Working this many hours a week is basically pointless. Here’s how to get more done—by doing less 

Click Here

備忘録と就活教採対策用図書カテゴリの最新記事