地球は青く、そして丸いっす・・・(笑) 【バーチャルTomonoラボ準備中】きっかけは、サマーウォーズ。オキュラスクエスト2を使い倒す (動画あり)

地球は青く、そして丸いっす・・・(笑) 【バーチャルTomonoラボ準備中】きっかけは、サマーウォーズ。オキュラスクエスト2を使い倒す (動画あり)

サマーウォーズ

細田守監督の「サマーウォーズ」を見たときの感動はいまだに忘れていません。当時は、博士を修了して助教としてアカデミアの世界にどっぷり浸かり始めたころ(何とも言えない笑)。ジブリ映画もみてましたが、どちらかというと「ナウシカ」や「ラピュタ」のようなアクションもあるアニメ映画が好きでした。

「時をかける少女」もレンタルか何かで見たのか。。細田守監督の「サマーウォーズ」の劇場予告編を見たときに、単純にワクワクしました。これは「見たい!」。

さて、ネタバレを嫌うので、ポイントだけ言うと

  • あんたなら 出来る!
  • しまって いこう
  • しゃんとしろ
  • よろしくおねがいしあぁぁす!

など、名言?格言ばかりですが、いまだに見るとアカデミア初期を思い出し、胸が熱くなります。(細田監督!ありがとうございます!)

さて、サマーウォーズと言えば「インターネット上の世界【OZ】」。当時の記憶はうる覚えですが、SecondLife、Orkut(閉鎖)、MixiFacebookなど、Twitterもあったのかな?ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)は新しいコミュニケーションのあり方を提供していたように思う。Youtubeもこの辺りに普及し始めてましたっけ? (2008-9年頃)

そのため、「サマーウォーズ」を見たときに、いずれは,「こんな世界になるんだろうな~。」っと強く感じました。この時に、バーチャルラボを作れば、もっと垣根を越えて色々と研究や教育が進むんじゃないかと予算申請書の作製までしたのを覚えています。結局、ハッと我に返り途中で作文をやめましたけどね(専門ではないので)。その後に、オキュラスリフト(山大時代で忙しくて購入を見送る)やプレステVR(見送り)が販売されて、好奇心をメチャくすがれた結果、宇部高専時代にオキュラス初のスタンドアローンである「オキュラスGo」を購入。

初めてのVR空間は「おっごわ!すごい!」という感想でしたね。その後もちょくちょくと遊びながらも、なかなかバーチャルラボの準備は進まず。(私の専門はVRではないので当たり前かもしれませんが…)

地球は青く、そして丸いっす

バーチャルラボの作製のため、3Dプリンターを購入して3DCGを学んできました。いきなり、3DCGでもいいかもしれませんが、モノづくり研究者としては「手に取れる3Dプリンター」で3DCGをやったほうが楽しいんではないかと考えたわけです。 3Dプリンター関連の記事はコチラ

そして、研究室のメンバーも揃ってきたので、オキュラスクエスト2を購入。(随時、台数は増やしていきます。)

他にも、ケーブルケースなども。オキュラスは充電が90分ぐらいで切れちゃうのでケーブル(5m)は必須アイテムです。また、何かと汗をかいてしまうので、目元クッション(洗えます)もあった方が便利です!!

コロナ感染症で急遽始まった遠隔授業。まだまだ、対面授業を安心して開始できる情勢ではないような気がしています。よかったことと言えば、教育については「遠隔授業のスキル」が急激にアップロードされたことですね。

私自身もコロナ前後で、大きく授業スタイルも変わりました。授業の様子はこちらの記事

そして、およそ2年間「遠隔授業」を経験して思ったことは2点

1点目:これからの授業の形は大きく変わるだろうな!ということ。具体的には授業が上手な人のオンデマンド授業が中心になっていくのではないかと考えています。教育としての教員の役割は、オンデマンド授業の管理?へと移行していくのではないかと考えています。そして,対面での教師の役割は「管理」以外に、「実技」や「地域貢献」の割合が増えてくるのではないかと考えています。

2点目:教室でのライブ感の欠如。うまい言葉がいまだ見当たりませんが,教室で行う授業には,「教員の熱量」や「同級生の様子」といった付加的な要素があったことが改めてわかりました。オンデマンドやオンライン授業では提供しきれない「教員の熱量」のライブ感と「同級生という隣人の反応」が必要かもしれない。

この2点を解決するには,ARやVRを用いた遠隔が解決のひとつではないかと考えています。

まずは触ってみる。

何よりも大事なことだと考えています。

当ラボの阿部さん

名言が生まれる!

佐藤さん
初VRに感動

修士のお二人はなれたもの

グーグルクロムキャストでVRの視野を共有

VRはヘッドセットを付けている人しか楽しめないのも難点です。また、ヘッドセットは髪型が崩れるのも難点です。ARデバイスはまだ高いので、VRでスキルを身につけてから始めます。

さて、そんな難点を克服するためには、グーグルクロムキャストによるミラーリングが便利です。クロムキャストの類似品を購入してうまく接続できずに・・・・正規品を買いましょう。

VR画面をグーグルクロームキャストで中継(ミラーリング)して、プロジェクターで投影します。

接続方法などは特に教えずとも、Youtube等で確認後に実施。

Yotubeはすごいな~

では、早速!

無事にプロジェクターで投影できました。

これで、声だけではなく、VRで何を見ているかも皆で共有できます。

つまり、共同作業ができるってことですね。

まずは,VRの世界に触れてもらって、その可能性を考えてもらいたいと思っています。

オキュラス2では、コントローラーで手の感覚も体験できるので、積極的に使っていきます。

本業である研究でも着実に成果が出てきているので、これらの研究要素も入れて「バーチャルラボ」を構築していこうかと思います。エネルギーデバイスの研究もしつつ、こういったことにもご興味のある学生さんの参加をお待ちしております。

3Dプリンター&ドローン&VRカテゴリの最新記事